ゆるキャン△実写化ドラマに登場するリンちゃんがバイク「Vinoビーノ」を選んだ理由を解説します。

ゆるキャン△実写化ドラマに登場するリンちゃんがバイク「Vinoビーノ」を選んだ理由を解説します。

2020年1月9日(毎週木曜日)深夜1時スタートの「ゆるキャン」実写化ドラマ。

実写の登場人物も気になりますが、アニメに登場している道具やバイクも気になりますね!

リンちゃんの愛車「Vino(ビーノ)」も原作アニメに忠実に登場します。

YAMAHAの50㏄原付バイクで、ドラマに登場するカラーは特別に製造された非売品ですが、本体は購入可能です。

どんなバイクなのかなぜリンちゃんがこれを選んだのか、価格帯など仕様のご紹介も致します。

  • リンちゃんがビーノを選んだ理由①
  • リンちゃんがビーノを選んだ理由②
  • リンちゃんと同じ仕様は購入出来る?

ドラマと一緒に、登場バイクにも詳しくなって楽しんでください!

スポンサーリンク

YAMAHA Vino(ビーノ)

https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/vino/spec.html
YAMAHA公式HPより引用

本体価格

メーカー希望小売価格

203,500円 [消費税10%含む] (本体価格 185,000円)

仕様

  ビーノ
認定型式/原動機打刻型式 2BH-AY02/ AF74E
全長/全幅/全高 1,650mm/670mm/1,015mm
シート高 720mm
軸間距離 1,180mm
最低地上高 105mm
車両重量 81kg
燃料消費率*1 国土交通省届出値
定地燃費値*2
80.0km/L(30km/h) 1名乗車時
WMTCモード値 *3 58.4km/L(クラス1) 1名乗車時
原動機種類 水冷・4ストローク・SOHC・2バルブ
気筒数配列 単気筒
総排気量 49cm3
内径×行程 39.5mm×40.2mm
圧縮比 12.0:1
最高出力 3.3kW(4.5PS)/8,000r/min
最大トルク 4.1N・m(0.42kgf・m)/6,000r/min
始動方式 セルフ・キック併用式
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 0.70L
燃料タンク容量 4.5L(無鉛レギュラーガソリン指定)
吸気・燃料装置/燃料供給方式 フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式 12V, 5.0Ah(10HR)/GTZ6V
1次減速比/2次減速比 n/a/12.321
クラッチ形式 乾式, 遠心, シュー
変速装置/変速方式 Vベルト式無段変速/オートマチック
変速比 2.850~0.860:無段変速
フレーム形式 アンダーボーン
キャスター/トレール 26°30′/76mm
タイヤサイズ(前/後) 80/100-10 46J(チューブレス)/ 80/100-10 46J(チューブレス)
制動装置形式(前/後) 機械式リーディングトレーリングドラムブレーキ/機械式リーディングトレーリングドラムブレーキ
懸架方式(前/後) テレスコピック/ユニットスイング
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V, 35/35W×1
乗車定員 1名

https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/vino/spec.html
YAMAHA公式HPより引用

カラー

パールシャイニングイエロー(イエロー)

プコブルー(ライトブルー)

マットアルタイルシルバーメタリック(マットシルバー)

アーベインデニムブルーメタリック(ブルー)

グラファイトブラック(ブラック)

パールアンブラウン(ブラウン)      計6色
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/vino/color.html
YAMAHA公式HPより引用

リンちゃん仕様Vino(ビーノ)

https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/yamaha-motor-life/2018/07/20180712-001.html
YAMAHA公式HPより引用

リンちゃんがVino(ビーノ)を選んだ理由①「荷物」

リンちゃんがこのバイク選んだのは「便利収納の多さ」と「荷物の持ち運び容量」があるのかと考えます。

今どきのスクーターは50㏄といえど、メットインに加えて荷物掛けフックやペットボトルホルダーも装備されている物が多くなり、わざわざバックを抱えなくても小さな荷物くらいなら乗せて走れるようになりました。

特にVino(ビーノ)はシート下トランク容量が約20ℓもあり、ヘルメットやレインウェア等の収納にも便利。

フロント中央には、ちょっと大き目のバッグでも掛けられる折りたたみ式のフックがあり、すぐ横に500mlのペットボトルがすっぽり収納できます。

シート下トランクは大容量
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/vino/feature.html
YAMAHA公式HPより引用


手元すぐの所にペットボトルフォルダーと大き目フック
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/vino/feature.html
YAMAHA公式HPより引用

そして!大事なスマートフォンなどの充電に便利な12Vのアクセサリーソケットも装備。

開閉式のボックスになっているので急な雨なども心配無用が嬉しいのと、バイクグローブやお財布くらいならパパっと一緒に入れられちゃうのは凄く便利ですね!

インナーボックス内に12Vソケットと収納ポケット
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/vino/feature.html
YAMAHA公式HPより引用

キャンプを考えると、まず「荷物の持ち運び」が重点となりますが、Vino(ビーノ)はリアキャリアリアバスケットを取り付ければおひとり様キャンプ道具一式ぐらい積み込めてしまいます。

車体幅もあり重心が低めなので、前と後ろに荷物を積んでも安定感があって、女の子が苦労しがちな「センタースタンド立て」も軽々出来るようになっています。

そして、丸みを帯びたボディはサイドバックを取り付けても不自然に不格好にならないので、正にアウトドアにはうってつけのスクーターと言えるでしょう。

リンちゃんがVino(ビーノ)を選んだ理由②「高性能」

搭載エンジンは環境性能に優れた水冷4ストローク。

フューエルインジェクション搭載エンジンは登坂でもパワフルに走り、スタート時や加速も軽々とこなす快適なセッティングと言えるでしょう。

信号待ちなど、アイドリングストップ機能があり、無駄な燃費を抑えてくれます。

そして、難しいブレーキングをアシストしてくれる「コンビブレーキシステム」が採用されていて、つい力加減が偏りがちな前輪と後輪の制動力をほどよく配分してくれます。

これは女の子のバイク乗りを安全に守るには嬉しい機能ですね。

シート幅も大きく丸みがあり、服装を選ばずスッと乗り込める位置と高さのポジションになっているので、ちょっと長めのライディングをしても疲れず楽しめます。

シートが心地良さそうですねー

https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/vino/gallery.html
YAMAHA公式HPより引用

リンちゃんと同じ仕様で購入したい

リンちゃんのバイクの本体は、特別仕様などにはなっていないのでそっくりそのままで購入可能です。

が、残念ながらリンちゃんと同じカラーリングの物は販売されていません。

一番近い既存カラーだとプコブルー(ライトブルー)でしょうか。

これですね。

https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/vino/gallery.html
YAMAHA公式HPより引用

全く同じようにしたいならボディ―カラーを変えて、リンちゃんと同じサイドバックリアキャリア若葉マークを取り付ければ完成です。

バイクのディカラーカスタムを専門店に依頼すると、50㏄で相場40000円~50000円くらいです。

ちなみに…

りんちゃんがトレードマークにつけている「若葉マーク🔰」ですが、バイクの場合は任意。

でも、安全を考えるなら付ける方が良いでしょう。

ヘルメットの後部などにもつけておくと、余計なあおりなどを避ける事ができて、女の子には特にお薦めしておきたいです。

リンちゃんのおじいちゃんがバリバリ生粋のライダーなので、アドバイスがあったのかもしれませんね(^^)

「ゆるキャン」2020年1月9日から実写化!おじいちゃんのバイクトライアンフを解説!

『ゆるきゃん』のリンちゃん刻印入り鉈(なた)の通販購入方法・販売先・価格まとめ!

 

 

スポンサーリンク