法定速度30km「原付バイク」実は自転車の仲間でもある意外とわかってない注意点

法定速度30km「原付バイク」実は自転車の仲間でもある意外とわかってない注意点

第一種原動機付自転車(いわゆる原付)とは排気量が50cc以下のバイクを指しますが、実は自転車の仲間でもあるのです。

原付は排気量が小さいことから、原付特有のルールがたくさん定められています。

小回りが利く便利な乗り物ではありますが、安全に楽しく乗るためにはルールをしっかりと頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク

原付法定速度

「法定速度30km」

普通、自動車やバイクの法定速度は60km/hですが、原付に限っては30km/hです。

法を作った時の原付は「自転車にエンジンを取り付けたようなもの」だったから。

ママチャリが60km/hで走るのを想像すると、たしかに剛性的にとても怖いですよね。

現在の原付は車体的にも剛性的にも頑丈になっているものの、無理してエンジンを回しすぎるのはエンジンを壊す原因となるので気を付けましょう。

高速道路の通行不可

これは50ccの原付に限った話ではなく、125cc以下のバイク全てが対象となります。

普通免許を取っているからといって通れるわけでもありません。

また、高速道路でなくても通行できない道路も存在するので、しっかり周りを見て標識を見落とさないようにしましょう。

もし誤って高速道路に入ってしまった場合は、係員の人に相談するか、安全な端などに停車し警察に連絡します。

ハザードがあるなら付け、無いのならば方向指示器を出しておいたほうが良いです。

間違っても逆相はしないように!焦らず、自分の命を守る最善の行動をしましょう。

キープレフト

常に左側の車線を走行しなくてはいけないというものです。

法定速度が遅い原付は追い越し車線に出る意味はありません。

むしろ危険を伴います。

場合によっては追突事故の被害に遭うケースも少なくないので、そういった危険を回避するためにも必ずキープレフトを心がけましょう。

2人乗り禁止

原付の乗車定員は法律で1名と決まっているため見つかった場合は、もちろん違反金が発生します。

しかし、ただでさえ力もなく速度も出せない原付で2人乗りするのはとても危険な行為です。

大型バイクであっても2人乗りは安定感が無くなります。

それが複数人、しかも原付だとしたら一度バランスを崩してしまったバイクを立て直すことは不可能だと考えたほうがよいでしょう。

2段階右折

大きい交差点などの交通量が多い場所では、50cc以下のバイクは2段階右折が義務付けられています。

自動車のように右折レーンを使っての右折ではないため、原付に乗りたい人が1番心配なルールだと思うのでしっかりと理解をしておきましょう。

条件

  • 走行している道路の車線が3車線以上の場合
  • 信号機や警察官によって交通整理が行われている場合
  • 2段階右折禁止の標識がない場合

2段階右折するのはこれらの条件が揃った場合です。

方法

  • 右にウインカーを出す
  • 左車線をそのまま直進
  • 1番奥の車線で車体の向きを変える。
  • ウインカーを消す
  • 正面の信号機に従い直進

以上です。

最初は緊張するかもしれませんが、何回も繰り返すことで少しずつ覚えていきましょう。

まとめ

原付は普通免許のオマケ感覚で乗れてしまいますが、ルールを理解せずに乗ってしまうと違反切符を切られてしまうだけでなく、バイクも人も危険な目にあってしまいます。

注意しなくてはならないのは原付に乗っている人だけではありません。

周りで運転している人も原付のルールを理解してあげなくては、大事故につながってしまうかも。

原付には原付の、自動車には自動車のルールがあります。

それぞれが譲り合いの気持ちを大切に、安全で楽しい生活を送れるようにしましょう。

ご訪問ありがとうございました。

スポンサーリンク